鳥さんを撮りたくなった理由


by tenbin9
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
近くには来てくれませんでした。この数年この距離になってしまったようで、
でも仲良しのペアのようで餌わたしをしてくれました。
稀にしか近くには来てくれないようです。時間もないので今日は遠いまま・・
EM1+300F4*1.4手持ち 等倍近くトリミング
全長30センチのブッポウソウもこれくらいにしか写りません。
f0149712_22143727.jpg


f0149712_22145166.jpg


f0149712_2215213.jpg

[PR]
# by tenbincom9 | 2017-05-20 22:19 | ブッポウソウ | Comments(0)

6月14日 晴れ

5月の強い日差しが眩しいですね。相変わらず鳥見は捗々しくありません。
可愛い眼のこの子です。まるで作り物の眼のようですね。EM1+300F4*1.4
f0149712_2171573.jpg


f0149712_2173880.jpg


f0149712_2175144.jpg

[PR]
# by tenbincom9 | 2017-05-14 21:11 | セイタカシギ | Comments(0)

5月10日 雨のち曇り

今日もまだ愚図ついてますね、天気は安定しませんが明日は遠出しようと思います。
タカブシギ 体長は20-22 cm、翼開長は約40 cm。成鳥夏羽は、頭から胸にかけては
白地に褐色の縦斑が密に入っている。体の上面は黒褐色で、黒色や白色の横斑や斑点が入る。
腰と腹は白色。アイリングは白色。眉斑は白く明瞭で、通眼線は黒褐色である。
まっすぐな嘴は黒色で基部は緑黄色。足は暗い緑黄色。成鳥冬羽は、体の上面が灰黒褐色で
灰色の斑が入るがやや不明瞭である。色柄などがクサシギと似ているが、飛翔時に見える翼下面が
白っぽいのに対してクサシギは黒っぽい。雌雄同色である。と、ウイキペディアにあります。
f0149712_16174650.jpg


f0149712_16285632.jpg


f0149712_1618737.jpg

[PR]
# by tenbincom9 | 2017-05-10 16:29 | タカブシギ | Comments(0)

赤っぽいのは夏羽の印

小型のシギは可愛いですね、いつも会えるわけではないけど
あら、こんなところに群れになって採餌してる・・ヒバリシギ
ウイキペディアでは全長約14cm。雌雄同色。成鳥夏羽は、頭から背、翼が赤褐色で、
顔には白く太い眉斑がある。喉から下の体の下面は白色。冬羽では、体の上面が灰褐色になり、
頭部などに黒褐色の縦斑がはいる。嘴は黒色で、シギ類としては細く短い。足は黄緑色である。
ウズラシギやヨーロッパトウネンと似ているが、足の色の違いや初列風切羽が突出して
いないことで区別できる。とあります。車中より撮影EM1+300F4*1.4
f0149712_16503476.jpg


f0149712_16505642.jpg


f0149712_1651956.jpg

[PR]
# by tenbincom9 | 2017-05-09 16:54 | ヒバリシギ | Comments(0)

連休は近場が・・

遠出しても渋滞では・・連休後は遠出します。・・
しかし今季は移動個体が少ないです。アオアシシギ
ウイキペディアでは全長が約32-35 cm、翼開長が約65 cm。類似のシギ類と比べて、
細身でスマートな体形をしている。コアオアシシギ(小青足鷸、学名:Tringa stagnatilis)より
ふた回り大きい。夏羽は頭上から体の上面は灰色で、黒い斑がある。腹、腰、上尾筒は白い。
冬羽では頭から頸にかけて、白い部分が増える。嘴は灰黒色で、やや上に反っている。
足は緑青色だが、黄色みを帯びているものもいる。特に幼鳥の足は、ほぼ黄色である。
 EM1+300F4*1.4
f0149712_21245615.jpg


f0149712_212575.jpg


f0149712_21253440.jpg

[PR]
# by tenbincom9 | 2017-05-08 21:27 | アオアシシギ | Comments(0)